• HOME>
  • 口座開設までの流れ(法人)

口座開設までの流れ(法人)

口座開設までの流れ(法人)

契約書面の確認・承諾

お申込みはこちら」から申込フォームを開き、弊社契約締結前交付書面へをご確認、ご承諾いただきます。

口座開設申込フォームの入力

[ 口座種別 ] 選択項目で【法人】を選択し、必要事項をご入力のうえ送信ください。
送信完了後、弊社より申込受付メールを自動返信いたします。

本人確認書類の提出

申込受付メール記載の住所へ、以下2点をご郵送ください。

登記簿謄本(※発行日から3ヶ月以内の原本(コピー不可))、取引担当者様の本人確認書

審査ログインID・パスワードの発行口座開設完了

弊社にて開設審査をおこないます。

口座開設完了後、取引担当者様のご登録住所とご法人様住所宛てに書類(各1通)をご送付いたします。各書類をお受け取りになられた際は弊社カスタマーサポートまでご連絡をお願いします。弊社にて到着確認が完了次第お取引口座へのログインが可能となります。

取引資金の入金

取引口座へのご入金に関しましては、ログイン後の取引画面メニューより「お客様情報」の「お振込先口座情報」をご確認ください。

入金方法についてはこちらから

【法人の方へ/必ずお読みください】

  • ●取引担当者様が代表者様である場合は、本人確認書類は1通のみご提出ください。
  • ●ご提出いただいた書類はプライバシーポリシーに則り適切に管理いたします。
    また、ご提出いただいた本人確認書類は返却をいたしませんので、あらかじめご了承ください。

【SMSについて】

  • ●SMSとは携帯電話の番号を使用して送信する電子メール(ショート・メッセージ・サービス)です。当社では口座開設をお申込後、開設が完了していないお客様にSMSを使用してご連絡する場合がございます。
  • ●SMSにて外為ジャパンFXでの連絡をご希望されないお客様は恐れ入りますが、以下のメールアドレスへ件名に「SMS拒否」「お客様のお名前」をご入力頂きまして、ご返信頂きますよう、よろしくお願い申し上げます。
    support@gaitamejapan.com
「口座開設までの流れ」トップへ

法人口座の特徴

最大100倍で運用可能

外為ジャパンFX法人口座では、15通貨ペアにおいて最大レバレッジである100倍でご利用いただけます。

「口座開設までの流れ」トップへ

9年間の損失繰り越しが可能

個人口座の場合は、損失の繰り越しが最大3年間認められています。
例えば、ある年の損失が100万円、翌年の利益が50万円、翌々年の利益が20万円であった場合には、3年間の損益通算により30万円の損失となるため、課税の対象とならないことになります。
一方、法人口座の場合は、平成20年4月1日以後に終了した事業年度においては9年間損失の繰り越しが可能となります。
(※平成20年3月31日以前に終了した事業年度において生じた損失についての繰り越しは、7年間となります。)

「口座開設までの流れ」トップへ

税率

個人口座でFX取引による利益を年間で20万円以上得た場合には、所得税法上の「雑所得」として課税の対象となります。雑所得は申告分離課税となり、一律20.315%(所得税15%+復興特別所得税0.345%+住民税5%)の税率が課されることになります。
一方、法人口座については「法人税法」が適用されます。FX取引等から生じた利益と通常事業の損益を合算したものに法人税、住民税、事業税が課されます。

  個人 法人
利益が出た場合 申告分離課税
一律20%の税率
取引利益と通常事業の
損益との合計額に課税
損失が出た場合 損失が出た場合3年間取引の繰越 損失が出た場合9年間取引の繰越※

※法人口座の場合、平成20年3月31日以前に終了した事業年度において生じた損失については、7年間となります。

「口座開設までの流れ」トップへ

取引所FXとの違い

2011年度の確定申告分までは取引所FXと店頭FXとを比べた時、個人のお客様については税制面において取引所FXに有利な点があるのに対し、法人のお客様については違いがありませんでした。
2012年度からは取引所FXと店頭FX税制に個人・法人による違いはなくなりましたが、取引レートや取引システムなど各社独自のサービスを提供している店頭FXを選択することにより、多くの取引業者の中から、法人のお客様により適した会社選びができます。
その他税制につきましては、お近くの税務署までご確認ください。

「口座開設までの流れ」トップへ

ロゴ:外為ジャパン
株式会社DMM.com証券 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1629号 商品先物取引業者
加入協会等:日本証券業協会 一般社団法人 金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会 日本投資者保護基金
  • サービスのご案内
  • 取引システム
  • マーケット情報
  • よくあるご質問
  • 会社情報

株式会社DMM.com証券 金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第1629号 商品先物取引業者 加入協会:日本証券業協会(協会員番号1105) 一般社団法人金融先物取引業協会(協会員番号1145) 日本投資者保護基金 日本商品先物取引協会 ●取引手数料は 無料となります。 ●注文の際に必要となる証拠金は、各通貨ペアとも取引金額に対して、個人口座は最低4%相当、法人口座は最低1%相当です。●店頭外国為替証拠金取引は元本や利益が保証されたものではなく、各国の金融政策、為替変動等により、損失を被る可能性があります。お取引にあたっては商品内容・リスク等を十分にご理解頂き、お客様の責任と判断にてお取引していただきますようお願いいたします。 ●店頭外国為替証拠金取引においては、レバレッジ効果により取引金額が必要証拠金より大きくなります。実際に預託した証拠金額以上のお取引が可能なため、大きな利益が期待できる半面、相場が予想に反した場合には大きな損失となり、その損失額は預託した証拠金の額を上回るおそれがあります。 ●店頭外国為替証拠金取引における売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)があります。天変地変やテロ等の不測の事態、指標発表等により、スプレッドが拡大する場合があります。 ●お客様が注文時に指定したレートと実際に約定するレートとに相違(スリッページ)が生じる場合があり、また、経済指標の発表などの際に、お客様からの注文が殺到することにより、注文が約定しづらくなる、あるいは約定しない場合があります。 ●ポジションの保有によりスワップポイントの受払が発生しますが、通貨ペア対象国の金利動向により受払が逆転、もしくは売り、買い共に支払となる場合があります。●お取引に当たっては、当社「店頭外国為替証拠金取引約款・規程集」並びに「店頭外国為替証拠金取引マニュアル」をよくお読みいただき、商品内容・リスク等を十分にご理解いただいたうえで、お客様の責任と判断にてお取引されますようお願いいたします。

金融庁 金融先物取引業協会 証券・金融商品あっせん相談センター

SSL/TLSとは?
プライバシーポリシーについて
FX取引の規制について SESC