本人確認書類およびマイナンバー確認書類について

本人確認書類と送付先

「口座開設お申込みフォーム」へのお客様情報登録完了後、本人確認書類として下記の組合せのいずれかを「アップロード(推奨)」「メール」「FAX」「郵送」にてご送付ください。
※ご利用になる本人確認書類の画像を押下して詳細をご確認ください。

2015年12月31日までの口座開設に際し、ご提出いただく書類が異なります。詳しくはこちら

法人口座開設の本人確認書類※法人口座の場合は郵送のみの受付となります。郵送方法についてはこちら

法人口座開設の場合は以下の3点をご提出ください。なお、ご提出いただいた書類は返却いたしかねますので、予めご了承ください。

  • ①登記簿膳本(発行から3ヶ月以内の原本・コピー不可)
  • ②代表者の本人確認書類(個人のお客様の場合と同様)
  • ③取引担当者の本人確認書類(個人のお客様の場合と同様)

※取引担当者様が代表者である場合は、本人確認書類は1通のみご提出ください。

個人口座開設の本人確認書類及びマイナンバー通知書類

ご利用いただける主な本人確認書類及びマイナンバー通知書類は下記になります。

種類 有効期限 備考
通知カード マイナンバー通知カード
個人番号カード 個人番号カード
有効期限内 裏面に記載がある場合は、両面をお送りください。
※マイナンバーが記載された住民票をマイナンバー通知書類としてご利用いただくことができます。その際は、住民票の写しの他、本人確認書類をご用意ください。
個人番号カード 個人番号カード(両面)
個人番号カード 個人番号カード
有効期限内 両面をお送りください。
顔写真付き
本人確認書類
運転免許証(コピー)
運転免許証 運転免許証
有効期限内 現住所に変更がある場合、裏面の写しも必要になります。お住まいの地域の公安印も確認できるようお送りください。
パスポート(コピー)
パスポート パスポート
有効期限内 日本国籍の場合のみ。
顔写真記載ページと所持人記入欄を併せてお送りください。
住民基本台帳カード(コピー)
住民基本台帳カード 住民基本台帳カード
有効期限内 住所、氏名、生年月日の記載があるもの。
在留カード又は
特別永住者証明書(コピー)
在留カード又は特別永住者証明書 在留カード又は特別永住者証明書
有効期限内 裏面に記載がある場合、裏面の写しもお送りください。
カード表面は有効期間と法務大臣印も確認できるようにお送りください。
顔写真なし
本人確認書類
各種健康保険証(コピー)
各種健康保険証 各種健康保険証
有効期限内 裏面に住所記載がある場合、裏面の写しもお送りください。被扶養者の方はご自身の氏名が記載されているページの写しも必要になります。
住民票の写し
住民票の写し
発行から
3ヶ月以内
※顔写真なし本人確認書類として各種福祉手帳、印鑑証明書等もご利用いただけます。
※書類は有効期限内のもの、画像は鮮明なものをお送りください。 文字等が確認できない場合は再度ご提出いただく場合があります。
※口座開設審査時に有効期限内である書類のみご利用いただけます。
※本人確認書類の住所とお申し込みの住所が合致していることをご確認ください。

ページのトップへもどる

本人確認書類の送り方 (画像データの場合)

アップロードでお送りいただく場合

口座開設をお申し込み後、本人確認書類のデータをアップロードを行ってください。データのアップロードを行う前に、今一度画像が鮮明であることをご確認ください。

Eメールでお送りいただく場合

  • 必ず件名に「本人確認書類」と記入してください。
  • 送付先のメールアドレスは下記となります。

    ※指定メールアドレス以外に送付いただいても確認することが出来ませんので、ご注意ください。

  • 必ずお申込時にご登録いただいたEメールアドレスからお送りください。

Eメール宛先

本人確認書類の送り方(FAX・郵送の場合)

書類送付先

〒103-6026
東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー 26階
株式会社DMM.com証券 外為ジャパン担当宛(必ずご明記ください。)
FAX:03-3517-3286

ロゴ:外為ジャパン
株式会社DMM.com証券 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1629号 商品先物取引業者
加入協会等:日本証券業協会 一般社団法人 金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会 日本投資者保護基金
  • サービスのご案内
  • 取引システム
  • マーケット情報
  • よくあるご質問
  • 会社情報

株式会社DMM.com証券 金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第1629号 商品先物取引業者 加入協会:日本証券業協会(協会員番号1105) 一般社団法人金融先物取引業協会(協会員番号1145) 日本投資者保護基金 日本商品先物取引協会 ●取引手数料は 無料となります。 ●注文の際に必要となる証拠金は、各通貨ペアとも取引の額に対して、個人口座、法人口座とも最低4%以上の証拠金が必要となります。なお、法人口座の場合は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額と、取引の額に4%を乗じて得た額のどちらか高い額以上の証拠金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。●店頭外国為替証拠金取引は元本や利益が保証されたものではなく、各国の金融政策、為替変動等により、損失を被る可能性があります。お取引にあたっては商品内容・リスク等を十分にご理解頂き、お客様の責任と判断にてお取引していただきますようお願いいたします。 ●店頭外国為替証拠金取引においては、レバレッジ効果により取引金額が必要証拠金より大きくなります。実際に預託した証拠金額以上のお取引が可能なため、大きな利益が期待できる半面、相場が予想に反した場合には大きな損失となり、その損失額は預託した証拠金の額を上回るおそれがあります。 ●店頭外国為替証拠金取引における売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)があります。天変地変やテロ等の不測の事態、指標発表等により、スプレッドが拡大する場合があります。 ●お客様が注文時に指定したレートと実際に約定するレートとに相違(スリッページ)が生じる場合があり、また、経済指標の発表などの際に、お客様からの注文が殺到することにより、注文が約定しづらくなる、あるいは約定しない場合があります。 ●ポジションの保有によりスワップポイントの受払が発生しますが、通貨ペア対象国の金利動向により受払が逆転、もしくは売り、買い共に支払となる場合があります。●お取引に当たっては、当社「店頭外国為替証拠金取引約款・規程集」並びに「店頭外国為替証拠金取引マニュアル」をよくお読みいただき、商品内容・リスク等を十分にご理解いただいたうえで、お客様の責任と判断にてお取引されますようお願いいたします。

金融庁 金融先物取引業協会 証券・金融商品あっせん相談センター

SSL/TLSとは?
プライバシーポリシーについて
FX取引の規制について SESC